育毛シャンプーと育毛剤のことを知れば薄毛対策は完璧

最近、抜け毛が多くて気になってるなんていう人いませんか?

髪の毛というのは毎日結構な本数が抜けるものですが、なんとなく髪が薄くなっている様な気がすると、髪を洗ったり、ブラシでとかしたりする時に抜ける髪の毛のこと気になりますよね。

薄毛の兆候といえば、髪にハリやコシがなくなって、細く弱くなってきたり、地肌が目立ったりしてくるなどがありますが、もしも髪に明らかな異変があったら、そのままにするのではなく、やはりしっかりケアしてあげることが大切です。

男性の多くの薄毛というのは進行型の症状であり、正しいケアをしてあげれば進行を抑えることができますので、もう禿げるのは仕方がないなんて諦めないで、自分にあった薄毛対策をしていきましょう。

薄毛対策といえば、育毛シャンプーと育毛剤を思い浮かべる人もいると思いますが、この二つは薄毛対策をするには欠かせないものです。

それぞれの効果、またそれぞれいろんな種類のものがありますので、成分などをよく知って選ぶ様にしましょう。

タイプに合った育毛剤の選び方を教えて

①育毛シャンプー

育毛シャンプーは、基本的に頭皮の状態を整えて、髪の生育に適した環境作りをするものです。

一般のシャンプーの場合、頭皮の皮脂を洗いすぎて乾燥させてしまったり、より皮脂を増やしてしまったりと頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。

フケやかゆみのある人や頭皮の匂いが気になる人も頭皮環境があまりよくない状態なので育毛シャンプーを使うといいでしょう。

育毛シャンプーは、髪を発育させて増やす効果を得るためのものではなく、健康な頭皮と髪の毛のために効果があります。

②育毛剤

育毛剤は、薄毛対策として直接的な発毛促進の効果があります。また、髪に良い成分が配合されており髪に十分な栄養を行き渡らせて、髪の生えるヘアサイクルを正しく整えて、健康な髪の生育を促します。

このことから、抜け毛対策をしたい人は育毛シャンプーを、髪を増やしたい人は育毛剤を使うことが有効です。

ただし、髪を増やすために育毛剤を使用する際には、頭皮の状態がきれいである方が浸透しやすく効果が出やすいので、自分の頭皮の状態にあった育毛シャンプーを合わせて使うことで、育毛剤でより高い効果を期待することができます。

また、育毛シャンプーも育毛剤も即効性のあるものではなく、使い続けることで次第に頭皮環境とヘアサイクルを整え、髪を増やして健康にするので、三ヶ月程度は最低でも使って効果を確かめる様にしましょう。