種類によって色々な効果!青汁の原材料に使われる植物の種類とは?

青汁の原材料と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?ケールや大麦若葉という方が多いかもしれませんね。しかし青汁の原材料には実に様々な種類の植物が用いられているのです。

「もっと美味しい青汁を見つけたい」
「普通の青汁には飽きてしまった」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事ではメジャーな物からマイナーな物まで、青汁の原材料として用いられている種々の植物をご紹介したいと思います。

青汁にはどんな植物が使用されているの?

ケール

青汁といえばケール。そう言っても過言ではないくらい、ケールは青汁の原材料として非常にメジャーな存在です。

この植物は年中栽培が可能であり、きわめて生命力の強いことで知られています。これを用いた青汁は独特の苦み、臭みを有するのですが、その代わり栄養価は抜群に高く、食物繊維はもちろんのこと、ビタミンC、E、マグネシウム、ルテイン、クロロフィルなどの栄養素が多分に含まれています。

最近では、製法を工夫することによって、ケールを原材料としているにも関わらず、美味しく飲める青汁も増えてきています。健康増進を第一に考えるなら、ケールを原料とする青汁がおすすめです。

大麦若葉

大麦若葉は、文字通り「大麦」の「若葉」です。ビタミンA、C、ビタミンB群や食物繊維、ミネラル、カリウム、マグネシウムなどを含みます。

また、SOD酵素が含まれているため、アンチエイジング効果にも期待できます。大麦若葉を原料とする青汁は、まるでお茶のような味で飲みやすく、青汁が苦手だという方には、この大麦若葉を使った製品がおすすめです。

明日葉

「明日葉」という名称の由来は、「今日葉を摘んでも明日には芽が出ている」ことだそうです。非常に生命力の強い植物で、栄養価も高く、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維などが多分に含まれています。

特筆すべきは、明日葉独自の成分「カルコン」です。カルコンには体のめぐりを良くする働きがあるとされ、美容やダイエット効果に期待できます。

ケールに匹敵するほど栄養価の高い植物ですが、苦みはケールよりも少なく、飲みやすい青汁に仕上がります。

ユーグレナ

ユーグレナは「ミドリムシ」という藻の一種です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸、バラミロンという独自の食物繊維を含み、毒素を体外に排出する「デトックス効果」に期待できます。

また、ユーグレナは乳酸菌を活性化する働きを持つため、ヨーグルト等と合わせて摂ることが推奨されます。

モリンガ

モリンガは「ミラクルツリー」「メディスンボックスツリー」とも呼ばれる極めて栄養価の高い植物です。葉ばかりでなく、実、種子、枝、幹、根すべてに栄養素が含まれるスーパーフードです。

インド、スリランカにおいては予防医学及び治病医学に伝統的に用いられてきた歴史があります。アンチエイジング効果や、むくみ、冷え、中性脂肪の低下、肌荒れ解消などに期待できます。

よもぎ

かなりマニアックではありますが、よもぎが使用されている青汁もあります。よもぎの特徴は、その温熱効果です。「ハーブの女王」と呼ばれることもあり、その葉を煎じて飲むことで、冷え性や便秘を解消してくれます。

冷え性が気になるという方には、よもぎの青汁がおすすめです。

ワカメやメカブ、昆布などの海藻

様々な海藻を原材料とする青汁も存在します。海藻は各種ビタミンや食物繊維、ミネラルのほか、天然抗がん剤とも呼ばれる「フコイダン」を含みます。

フコイダンには正常な細胞を傷つけずにガン細胞のみを自然崩壊させる「アポートシス誘導作用」があり、そのため「天然抗がん剤」と呼ばれているのです。

海藻は消化しにくく、一般に食べる機会も量も少ないと思います。その点、青汁なら必要量を効率的に摂取することができますから、非常に便利ですよね。がん予防という観点から青汁を選ぶなら、海藻を原材料とする製品がおすすめです。

以上、青汁の原材料をご紹介いたしました。